home HOME > かみ缶

かみ缶とは

かみ缶製造機

古くから私たちの生活の中で深く関っている「紙」を使用した丸筒形の容器であるかみ缶は、スチール缶よりも軽量で取り扱いやすく、「紙」そのものが持つ風合いや、手にした時のやさしさ、優れた印刷適正や、加工面での容易さを踏まえて生まれました。用途はいろいろ、商品のイメージに合わせたパッケージ作りにお役立て下さい。

基本形状

『かみ缶』の形状は、本体にフタを上からかぶせる「かぶせ式」と、同径のフタと本体を中筒を使用することにより形成される「インロー式」とに分かれます。そして、上下のメンコを正円からだ円に差し替えることにより、だ円のかみ缶となり、この三つの形状が『かみ缶』の基本形状になります。アイデア次第でリボン掛けや手提げ式へと展開出来ます。

インロー式

インロー式

フタと本体が同経で形成されているため、段差が無く、スマートさと上品さが感じられます。
中筒がはめ込まれておりますので強度もあり、手に取った時の安心感もあります。

・フタと本体が同経で段差がなく美しい。
・ラベルや帯も綺麗に巻けます。
・中筒が入っているので強度があります。

かぶせ式

かぶせ式

低コストを重視した量産タイプの「かみ缶®」(紙管、紙缶)です。細経タイプから太経タイプまで、また背の高いタイプから薄く平たいタイプまで、サイズ適正に優れた形式です。

・フタと本体の2パーツのため低コストかつ短納期。
・使用後の解体処理が容易。かぶせのフタは浅いものから深いものまで可能。
・細く長いタイプや太く低いタイプにも適します。

だ円式

だ円式

天メンコと底メンコをだ円にすることにより「かみ缶」全体の形状がだ円となります。
だ円の長辺と短辺の比率を変更することにより、様々な表情を表すことができます。

・インロー式にもかぶせ式にも対応します。
・菓子や土産用の容器に好まれます。
・お弁当ケースにもご利用出来ます。

インロー式 かぶせ式 だ円式

基本サイズ

当社の『かみ缶®』は特許製法により鉄芯不要のため、直径を自由に設定することができます。
(資材抜型はサイズごとに、カーリング治具は直径ごとに必要となっております。)
下記に表記したサイズは当社にて保有している汎用サイズの一例ですので、小ロットでのご注文の際お手軽にお選び頂けます。かみ缶のサンプルを1個から作成します。既成のサンプル郵送も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

【治具のサイズ直径】

治具のサイズ直径

※「かみ缶®」は全て別注品です。
※サイズ・デザイン・形状はお気軽にお尋ねください。
※有効寸法 直径:65mm~180mm
      高さ:30mm~250mm(カール前)
         25mm~250mm(カール後)

印刷加工

紙で出来ているかみ缶は、切り抜きや箔押しなど様々な加工が可能です。詳しくは、こちらをご覧ください。

名入れ刷り込み加工

打ち抜き加工後に出来た平材に印刷することで容易に小ロット低コストかつ短時間で出来ます。

名入れ刷り込み加工

製作工程

世界初の鉄芯を必要としない「マンドレルレス」システムを採用した弊社オリジナルの製造機を使用しています。

資材作成

資材作成

製造工程

製造工程

仕様表

かみ缶仕様表
お問い合わせはこちら