HOME > セカンド・オピニオン

セカンド・オピニオン

社員のSさんが、今朝、

「社長、家の給湯器を、ガスから電気の深夜電力を使う機種に替えようと思いますが、判断良いでしょうか?」

と、聞いて来た。

少し、事情を聞いてみた処、給湯器は14年使っていて、

「これで良く持ちましたね。」

と言われたそうだ。

「早く替えないとすぐにダメになります」

とも言われたそうだ。

そこで、僕が聞いた。

「言ったのは、誰?」

東京の会社の人だそうだ。

又、その人は

「ガスを使っている時より、月に2,000円程費用が減ります」

と言ったそうだ。

 

ガスを使う量は、給湯と調理が主だと思うが、家庭に依っては、風呂に入る習慣と、どんな料理を主に作っているかに依ってガスの使用量が違うので、一概に安くなると言えるのだろうか?

又、中部電力管轄のエリアに東京の業者が器具を売りに来ている。

メンテナンス等はどうするのだろう?

 

Sさんに、僕は言った。

「判断は自分でするが、他の人の意見を聞く事は良い事だよ」

 

これについて、僕がSさんに言った内容は別として、他人に色々と聞く事は良い事である。

「自分の考えは正しい」

と思うのは、人間皆同じだ。

でも、他の人の考えを多く聞き、その上で判断する。

これが重要である。

 

なかにし礼氏が、再発癌で手術をしたとのニュースが流れていた。

最初の発見のときは、手術をしないで陽子線療法を選択した事を思い出した。

然しながら、今回は手術の方法を選択したと言う事は、何人かの判断を仰いでの上の選択であったのであろう。

近年よく言われているセカンド・オピニオンを求めた結果であろう。

何でも他人の多くの意見を聞き、判断してゆく。

選択や、判断する最終は、会議や採択でない限り、個人である。

 

 

先週から悩んでいた花見を開催することに決めた。

これも色々な人の意見を聞いてみた。

自分は、今年は中止しようと考えていたが、社員のYさんから、

「年間スケジュールで決まっている事じゃないですか!」

と言われ、コロコロ変わる人が社長だとは言え、一寸考えた。

又、土曜日に兄貴が来て、

「お父さんの植えた桜を見て、一杯飲みたいぞ」

と言われ、開催しようと決めた。

 

一度、中止と思った心を元に戻すには、倍の気力が必要だ。

仕事と同じ様、気力を満ち溢れさせ、皆様をお迎えしましょう。

泣き言を言っても仕方がないが、景況感は最悪である。

花見の時ぐらい、楽しく、楽観し、夢に浸りたい。

今年もコック帽で調理するぞ!

 

ご近所のスーパーコンピューターマダム・榎本さん、来て下さいね。

皆が楽しい時を過ごす事が出来る。

これについて、セカンド・オピニオンはいらない。

真理である。

去年の桜 満開

       記 ダボ・イトウ

セカンド・オピニオン” への1件のコメント

  1.  ご無沙汰しております。  貴会社の前の道路は度々通りますが・・・・ この前、早咲きの桜が咲いているのを拝見して、「そめい吉野の時期も近いなー」 と蕾みを眺めながら通りました。  毎年この時期になると、パソコンに向かう時間も長くなってきます。 最近 歳のせいか頭も目も衰えて(前からかな?)余計な時間をかけてしまいます。  パソコンに時間を取られていると、夫婦の会話が少なくなると主人は嘆いています。 それは、親子間でも言えることかもしれません  ちなみに、3月11日の大震災の日は、私の70歳の誕生日でした。 70歳で「身体が揺れるようになったかな?」と一瞬思ったのですが、それはそれは大きな地震でした。    被災地の復興が1日でも早く進む事を祈ります。  3月23日(月)頃に、資料印刷のお願いに伺うつもりです。小さな仕事を快く受けて下さり有難うございます。    よろしくお願い致します。          グラウンド・ゴルフ協会 事務局 榎本セツ子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>