HOME > 健康さわやか君

健康さわやか君

「健康さわやか君」

このタイトルでブログを書いていた、30年来の僕の主治医であったS先生が、昨日(7月17日午後)お亡くなりになった。

先生のブログは、僕のブログと全く違って、知識の宝庫であった。

(未だブログは開設されているので、興味の有る方は「健康さわやか君」で検索してみて下さい。)

先生が、最後にブログを書いたのは、3月10日の「ボルボの安全思想」というタイトルの内容であった。

その前は3月4日の「腰に優しいシート」と言うタイトルであった。

先生は本当に知識が豊富な方で、医学の事は勿論、化学から工学、文学、雑学と幅広いジャンルで、僕たちブログ拝見者を楽しませてくれた。

 

先生とは、30年来の、患者と医師の間柄であったが、最初の20年程は非常に話し辛い関係であった。

この10年は、非常に色々と相談をし、アドバイスを戴ける関係が作れた。

生活習慣病患者には、厳しい態度で接しないと、甘い生活になってしまうからであろう。

僕が脳梗塞になってしまった時と同じ時期に、先生も進行性癌に侵され、手術を2回行った。

それ以後、二人でやはり病気した間柄なのか?「生き方」や「物の見方」に対する話が多くなり、先生との距離が縮まった。

 

先生はゴルフが非常に上手くて、70台を年に何回か出していた。

ご一緒にゴルフに誘って戴いた事がある。

先生の知り合いと言う人2名と僕との4人のプレーだった。

その時、驚いた事は、親しい2名の同伴者は、先生が医者とは知らず、僕の主治医ですと話して、初めて知った。

ゴルフに職業は関係ない。

親しい人も職業を聞いて、「は〜そうなんだ」と別に気にしていなかった。

こんなゴルフ仲間は素晴らしいと思った。

 

先生との思い出は、もう一つ大きなものがある。

それは、先生が言った

「伊藤さん、病気は治る病気と治らない病気があるよ。生活習慣で治る病気は簡単だよ。」

と言われた。

この言葉は、一生、僕の脳裏から離れない。

 

何十年も通っていたので、待合室に居る時、

『伊藤さん、どうぞ』

と呼ぶ声の調子が思い出される。

 

5月で病院は閉院してしまった。

新しい医療機関にお世話になると思うが、先生に長年面倒を診て戴いた事は忘れない。

閉院して、病院の前に有った薬局も閉じた。

薬剤師の「マリちゃん」「公ちゃん」元気かな?

昔、ブログに書いた事のある、T看護師さん(http://www.daiichi-printing.com/blog/07/1350/)も退職した。

その時書いた様に、非常に優しい看護婦さんであった。

再就職は決まりましたか?

 

皆さん、本当にお世話になりました。

 

S先生「ありがとう。さようなら。」

合掌

 

※近頃のブログは追悼が多くて、書いていても悲しい事だ。

次回は面白く楽しい記事を書こう!!

この次はアダルトグッズの話を書くぞ!

 

        記 ダボ・イトウ

健康さわやか君” への1件のコメント

  1. お世話になります。A区Y1担当責任者Y運輸のOです。いつも楽しみにブログを拝見しております。ここのところ追悼が多く、多忙の社長にはつらい日々が続き心が痛むことを察しいたします。 また楽しいブログ期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>