HOME > ウナギ

ウナギ

島田「うな一」の鰻重(梅)。
うまい!!

今日は大暑。

二十四節気で数えてみると、この前が小暑、夏至、この日の後が、立秋となる。

夏至(6月21日頃)と秋分(9月23日頃)の中間で、やはり一年を通じて暑い時期である。

 

会社では、今、節電を心掛けて、電気科の削減計画を立てて、実行している。

(現在の契約基本料は、一年前の最大値(30分測定)で、その後の一年間の基本料になるとは少しも知らなかった。)

その為、事務所のクーラーは30度を超えないと電源を入れない。

暑くて、たまらん。

特に、事務所で仕事をしていると、この暑さが気になって、団扇ばかり扇いで、仕事にならん。

暑い時は、体力が落ちる。

夏バテである。

夏バテには、鰻を食べるのが一番。

つまり、土用の丑の日だ。

土用は立秋から18日前と言う事で、明日が丁度その日に当る。

 

 

3日前の20日に、西伊豆町で痛々しい感電事故が起きた。

二人が亡くなり、子供の指が切断され、その他にも負傷した人が出たと言うニュースが流れた。

鹿や猪から作物や木の芽などを守る為の電気柵の電気が断線して、川の中に流れ感電したとの話であった。

 

このブログでもよく書いている様に、その昔、若い頃(30才〜40才台)は渓流釣りが趣味で、毎週井川へ釣りに行った。

仕事を終えて、釣りに行く途中、西河内のある沢によく置き針を仕掛けて、帰りに回収をしてウナギを狙っていた。

7号〜8号の針を10本程付けて、餌のミミズを付けて、放り込んでおいて、帰りに回収する。

何年にわたって仕掛けたが、ウナギは1本も掛からなかった。

(カジカはよく掛かっていた)

仕掛けておく処は、大概決まっているが、ある時、その淵で、車のバッテリーが捨ててあった事を想い出した。

電気による密漁だ。

(置き針も同じだが…)

 

一昔前は、電気を水に通すと危険だ、と言う事を遊びの中で知っていたが、近頃の若い人に聞いても、そんな遊びをした事のある人は誰も居なかった。

知っていたのは、皆、60才以上の老人であった。

 

明日は、ウナギを食べて若返ろう!!

パワーを付けて…。

 

        記 ダボ・イトウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>