HOME > 価格 VOL.6 – NO.462

価格 VOL.6 – NO.462

近頃はビールの消費が落ちている様な話があるが、ラグビーワールドカップが小笠山総合運動公園(エコパスタジアム)で9月28日(日本 v アイルランド)10月4日(南アフリカ v イタリア)の対戦から始まりオーストラリア v ジョージア戦まで4試合が行われる。この時ビールは、消費の延びで品薄状態になるのでは?とか、先日の新聞に載っていたイングランド大会では、130万リットルのビールが会場で飲まれたと言う報道もあった。(一人1リットル飲んだとしても130万人という事になるので、驚くばかりである。)

 

エコパスタジアム(小笠山総合運動公園)

このワールドカップにビール会社 K社はスポンサーとして静岡駅のコンコースで映像を流している。このK社の営業であるKさんが、先日 僕の愛読書「Wedge」を届けてくれた。3ヶ月毎まとめて年4回、わざわざ持って来てくれる。僕は「日経ビジネス」とこの「Wedge」は寝床に置いて読んでいる。

 

この「Wedge」はキヨスクで500円(8月号より540円[税込])で販売している。新幹線(開業以来50年経っているが今でも幹線と呼ぶ)のグリーン車に乗ると、この雑誌は「お持ち帰り下さい」と書いてあって「Free」と記してある。(Kさんの届けてくれた本は定価が書いてあるので、わざわざ購入して届けてくれている。ありがとう!)

近頃の世の中には無料と言う商売(事業)が数多くある。ダボが仕事に就いた20才台(1970年代)の時は無料なんて言うサービスはなかった。権利化や独占と言う流れが当然の様に言われていた。今でも思い出すのは、当時 渓流釣りの時、ワンタッチ網と言う腰につける折りたたみの「タモ」を持って行った。これは渋谷に有るS昆虫社の特許であったので、釣具メーカーでは販売していなかった。その為 自分で取り寄せ、昆虫採集用の網を鮎アミに取り換えて作ったものだ。

 

ワンタッチ網

特許の切れた後、釣具メーカーから一斉に売り出された。それ程 権利化や独占があたり前であったが、「ヤフーBB」の時も「Xビデオ」も無料である。然しながら後から事業としてきちんと回収出来るから事業として成り立つのである。

 

若い頃のダボ

ワンタッチ網は必需品

こんな時代の流れを感じて、ダボの会社も無料が多くなり(デザイン・在庫費・掲載料)とか?近頃は回収ができないので青色吐息である。

知り合いの歯医者にS氏が居る。
(6月23日は夏至であったが彼は冬至の方が好きです)
このS氏がラグビーワールドカップのエコパ4試合のチケットを購入した。価格は二人、4試合分でバックスタンド席 19万円である。又、娘の友人のお父さんも東京オリンピック開会式Aに当たったそうだ。たしか30万円だったと思う。

無料の仕事もあれば高価と感じない価値観の創出もある。ダボは両方を狙うので失敗する。狙いは一つ、「彼の人」に的を絞る!

 

            記 ダボ・イトウ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です